不眠症とは【不眠症の内容】

不眠症とは

不眠症解消

現代はストレス社会等と言われ、それによりさまざまな病気を引き起こしている方も少なくありません。
そのストレスも原因の一つと言われている病気には、不眠症もあります。

睡眠は、人間の身体を健康に保つためにも、疲れを回復するにもとても必要なものです。

 

不眠症は、その睡眠が十分に取れないという症状ですから、それによりさまざまなトラブルを引き起こす可能性を秘めています。

 

ただ、不眠症と聞くと、不眠症に陥った事のない方が聞くと、
「ただ眠れないだけだろうから、あまり深く考えなくてもいいのでは」と思いがちです。

 

確かに、眠れなくて亡くなってしまうということはまずありませんし、
実際に眠れないと深く考える事でますます眠れなくなってしまうこともあります。

 

ですが、不眠症はれっきとした病気ですから、深く考えなくても眠れないものは眠れません。

不眠症の危険性

そして直接的に命にかかわることはなくても、睡眠不足により集中力が低下して、
仕事に支障が出てしまうこともありますし、車を運転している場合は事故を起こしてしまうリスクも高くなります。

 

その他にも身体にも良くないですから、さまざまな病気を併発してしまう可能性はあります。

 

人によってはうつ病を引き起こして、自分だけではなくまわりにも迷惑をかけてしまう事にもなりかねません。

 

ですので、不眠症について、しっかりとした正しい知識を持ち、しっかりと自分なりの対策を講じて
出来るだけ早く不眠症を対策するようにしましょう。

不眠症の基準

不眠症の基準

寝つきが悪い、途中で目が覚める、寝ても疲れが残るなど不眠症にはさまざまな症状があるものです。
といっても、その状態は人それぞれで、たまに寝つきが悪くなる人もいれば毎日のようにそういった症状になる人もいます。

 

そのため、ただ単に寝つきが悪いといっても状況はまるっきり異なるでしょう。
それをすべて不眠症としてしまえば、日本全国ほとんどの方が不眠症になってしまうかもしれません。

 

そのため、不眠症にはある程度の基準があります。

不眠症の基準

基本的な不眠症の症状には、なかなか寝付けないという入眠障害、夜中に何度も目が覚めてしまうという中途覚醒
早く目覚めてしまうという早期覚醒、寝ても疲れが回復しないという熟眠障害があります。

 

こういった症状が少なくとも1週間で3回程度、そして1ヶ月以上続くという場合には不眠症の疑いがあります。

 

自分の睡眠を見つめ直してみて、これくらいの頻度で睡眠障害が起こるようであれば、
おそらく不眠症という診断になるでしょう。

 

ただ、仮に前述の条件に満たない場合、例えばなかなか寝付けない事が週に2回程度という状況だったとしても、
その他の早期覚醒や熟眠障害なども併発していれば、不眠症となることもあります。

 

もちろん、不眠症は自分にしか分からないところもありますので、
一概に条件に満たないからといって不眠症とは呼べない、とも言い切れません。

 

少なからず何かの睡眠障害があり、日中の生活にも支障が出る位までになっていれば不眠症と診断されるでしょう。
また正確に診断されていなくても、睡眠障害は大変なものですので、なにかしたらの対策を講じてみましょう。

 

かくれ不眠症とは

かくれ不眠症

自分は不眠症だ、夜眠れなくて悩んでいる、という方は少なくありません。
それが原因で仕事や私生活にまで支障が出ているという方は間違いなく不眠症という事になるでしょう。

 

ですが、不眠症の方の中には、自分では不眠症とは自覚していないケースも少なくありません。
それがかくれ不眠症です。

 

不眠症とは、風邪や内臓系の病気のように、熱が出る、胃腸の調子が悪い、
などといった明確な身体の不調は殆どありません。

 

いうなれば日中眠気がある、ボーっとしている、といった症状になります。
ですので、自分で不眠症である自覚がない人も少なくないのです。

 

もちろん、自分で不眠症と思っている方に比べれば、夜はある程度眠れているし、
日常生活にも大きな支障をきたしている訳ではないでしょうから、当面は心配する必要はないかもしれません。

 

ですが、それでもかくれ不眠症の方は、少なからず睡眠は足りていないのですから、
次第に身体にも異常をきたしてしまうこともあります。

 

そして本当に酷い不眠症で悩まされてしまうこともあるかもしれません。

 

ですので、自覚症状のある不眠症になる前に、しっかりと自分で
かくれ不眠症であるかどうかをチェックしておきましょう。

かくれ不眠症のチェックポイント

・生活が不規則、
・夜の睡眠時間が単純に少ない、
・寝ても疲れが残っている、
・休日に寝だめをする、
・夜中に目が覚める事が多い、
・朝早く目が覚める、
・日中に眠気が襲うことがある、などいろいろあります。

 

もちろん、これが当てはまるからかくれ不眠症とは限りませんが、
いくつか当てはまる方は注意した方が良いでしょう。

 

不眠症の危険度をチェックする方法

不眠症サプリ

不眠症は人によっては気がつかない人もいます。

 

また、実際に不眠症ほどではないものの、その危険性を秘めている方、
もしくは不眠症になる可能性のある方もたくさんいます。

 

そのため、自分自身の睡眠、生活習慣を見直して、自分が不眠症の危険性があるのかどうかをチェックしてみましょう。

普段の睡眠についてチェック

・1日(夜)の平均睡眠時間は5時間以下
・もっと眠るつもりが早く目が覚めてしまいその後は眠れなくなってしまう
・夜中に何度も目が覚める
・床について目を閉じても30分以上眠れない
・朝目が覚めてもすっきりしない
・寝足りない感じがする
・いびきをかく

 

これらの症状が多数当てはまるという方は、すでに不眠症、もしくは不眠症予備軍の可能性が高いです。

生活習慣でついてチェック

・コーヒーはもちろん緑茶やコーラ、栄養ドリンクなどを頻繁に飲む、
・昼間に急に眠くなる
・仕事や私生活で大きな悩みを抱えている
・ほとんど運動をしない
・湯船にはつからずシャワーだけ
・生活が不規則(寝る時間が遅い、徹夜など)
・寝る直前までパソコンやテレビ、スマホを見ている
・低血圧・低体温、冷え性である

 

などの生活習慣をしている場合、不眠症になりがちです。
不眠症と言っても、夜に眠れない、寝つきが悪い、という症状だけではありません。

 

ですので、自分とは無関係と思っていてもじつは不眠症になっている可能性があるのです。
前述のような症状や生活習慣をしている方は、自分の睡眠をもう一度見つめ直してみるいいでしょう。

 

不眠症だと仕事や私生活に悪影響が発生する。

不眠症解消

不眠症で悩んだ事がない方は、「不眠症って、ただの寝不足でしょ。気にする事はない」と思う方が多いようです。
ですが、不眠症はさまざまな災いをもたらしてしまう原因になるのです。

 

不眠症がもたらす危険性としては、仕事や私生活に悪影響を及ぼすという事が多いです。
睡眠不足になると、集中力の低下、だるさに繋がります。

 

たかがそれだけ、と思う方もいるかもしれませんが、仕事や私生活ではこの集中力の低下、だるくてやる気が出ない、ということは非常に大きな問題となる事があるのです。

睡眠不足からくる集中力の低下が招いた事故

極端なケースで言えば、世界的な事故として誰もが知っているチェルノブイリ原発事故があります。

 

これは作業員の睡眠不足が原因で、事故が引き起こされたと言われています。

 

また、スペースシャトル・チェレンジャー号の爆発事故も、直接的な原因は部品の欠陥となっていますが、
これも一説によれば、睡眠不足により作業員の見落としといわれているのです。

 

また、日本では高速バス・観光バスの事故が、運転手の睡眠不足といわれるものもあります。
これらの事故は何も対岸の火事ではありません!

 

私達の日常生活、仕事でも起こりうることなのです。

 

工事現場や工場で働いていれば、睡眠不足により大事故になってしまう事もあれば、
重大な欠陥を見落とすこともあります。

 

また、日常生活では車での居眠り運転などが起こる可能性もあるのです。
ですので、不眠症で悩んでいるという方は、一日でも早く対策できるように対策を講じる必要があります。

不眠症だと肥満になりやすくなる理由と対策

不眠症サプリ,不眠症対策

不眠症がもたらす災いとしては、肥満になりやすくなるという点があります。

寝不足と肥満はあまり関係ないのでは?

と思う方もいるのではないでしょうか。

 

ですが、これは実験でも立証されており、毎日の睡眠時間が4時間以下という方は、
充分な睡眠時間を取れている方に比べて7割以上も肥満になりやすいと言われているのです。

不眠症だと肥満になりやすくなる理由

どうして不眠で肥満になりやすくなるのかというと、
寝不足が続く事によりホルモンバランスが乱れることが一つの原因です。

 

そのホルモンの中にはレプチンとグレリンがあり、
レプチンとグレリンのバランスの乱れが、肥満を引き起こす原因となっているのです。

 

レプチンはエネルギー消費に関係するホルモンで、グレリンは食欲をアップさせるホルモンと言われています。
通常、この二つのホルモンバランスが整っていて、エネルギーが不足すればお腹が減り、満たされれば食欲がなくなるのです。

 

ですが、寝不足によりバランスが乱れてしまいグレリンが多く分泌されるようになり、
それにより食欲がアップして、それが原因で肥満になりやすくなってしまうというわけです。

 

また、不眠症でなかなか寝付けない、となると夜中にお腹がすいてしまうこともあり、
そこで何かを口にしてしまうことで肥満になりやすくなるとも言われています。

 

また、肥満になると睡眠時無呼吸症候群を引き起こす可能性があります。

 

これにより不眠症を引き起こす可能性もあり、不眠症が肥満を引き起こし、
肥満によりまた眠りが浅くなる、といった悪循環になってしまうのです。

効果と続けやすいコストで考えたおすすめ不眠症サプリ

>>人気と実績のある不眠症対策サプリはコチラから参照できます!<<

グッスリ出来ない悩みにおすすめ!!
6種の厳選植物成分で独自ブレンド!
口コミで瞬く間に広がった話題の商品
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方にもオススメの商品です♪
初回限定!1,980円(通常購入5,980円)
【10日間安心返金保証】付き!

潤睡ハーブ

ピースナイト(キッコーマン)ピースナイト(キッコーマン)

「更年期」だからこそ、今までよりぐっすり眠りたい方にキッコーマンから幸せな休息サポート!
脳にも存在するGABAを中心にテアニン、パッションフラワーやナツメといったホッとさせてくれる成分贅沢にを配合!
心地よい休息を求める40代からの女性に特にオススメになっています!
定期初回:2,730円 ※50%OFF

ピースナイト(キッコーマン)

GOOD Night27000

朝までしっかり睡眠をサポート!
特許成分「ラクティウム」他、
睡眠に必要な成分27,000mgを高配合!
「テアニン」6,300mg、「グリシン」7,380mg、GABA、ラフマ、トリプトファン、カモミールなど睡眠に必要な成分を豊富に配合!
期間限定初回990円(通常購入6,000円)

GOOD Night27000